トップ / 統合失調症の症状と治療法

統合失調症の症状と治療法

統合失調症とは何か

元気

統合失調症の家族について

統合失調症の患者の家族は日によって症状や体調が大きく違う患者の対応に疲弊し、心身のバランスを大きく崩すケースが少なくないです。また、偏見や誤解も未だに強いため統合失調症の家族を隠して生活する人が多くいます。今後、このような環境にいる人は出来る限りその患者である身内を隠すのではなく、外部と交流させた方が良いです。リスクもありますが、外部と交流させた方が患者の家庭の全員が精神的、肉体的に安定するからです。

パーキンソン病の治療について

パーキンソン病は、脳の神経が変性してドパミンという物質が減少することにより、手が震えたり、筋肉が固縮してしまったり、姿勢を保つ事が難しくなったりする病気です。なぜ神経が変性するのか原因が分かっておらず、現在パーキンソン病を根本的に治す治療法はありません。しかし、運動やリハビリテーション、薬により進行を遅らせることは可能であり、現在はこれらを中心としています。将来的には、iPS細胞などによる再生医療を用いて正常な脳の神経を作る事が出来れば、病気を治す画期的な治療法となるかもしれません。

↑PAGE TOP

© Copyright 健康をキホンから知ること. All rights reserved.