トップ / 甲状腺の病気という病気は

甲状腺の病気という病気は

甲状腺の病気とは

元気

甲状腺の病気の原因と種類とは

甲状腺とはのど仏の下にある内臓の1つで、ホルモンを分泌して新陳代謝を促す働きをしています。甲状腺の働きが活発過ぎても動きが低下しても体に影響がでます。甲状腺の病気としてバセドウ病や橋本病等があり、近年では有名人がバセドウ病を発症したことを公開し広く知られるようになりました。発症すると首の腫れ、動悸、眼球の飛び出し等の症状が現れて気づくことがあります。症状を自覚した場合は、甲状腺の病気の可能性とともに更年期障害や糖尿病等の場合もありますので検査を受けてから治療を行います。

水素水の抗酸化作用とは

水素水が人気の理由は、強力な抗酸化作用があることです。人間の身体は体内で発生した活性酸素により細胞が錆びて老化してしまいます。肌のシミやシワなどを引き起こす原因であるとも言われています。その活性酸素を除去するのに水素水が活躍してくれます。水の代わりに飲むだけの手軽さで、活性酸素と結合した水素は水として体外に排出されてしまうため、副作用も飲み過ぎた時にお腹が緩くなる程度のもののため、安心して手軽に利用できるのもメリットです。

↑PAGE TOP

© Copyright 健康をキホンから知ること. All rights reserved.